なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

2018年11月10日 [ デメリット メリット 民泊 ]
Pocket
LINEで送る

最近、「民泊」という言葉を

よく聞くようになりましたね。

ここ1年のうちに、うちの近所にも、

数件の民泊施設ができ、

外国人旅行者を結構見かけるようになりました。

 

でも、民泊って何なのかな、

ホテルや民宿とは何が違うんだろう、

と疑問に思ったことはないですか?

 

そこで

民泊とは何なのか、

そのメリットとデメリットについて

まとめてみました。

 

あなたもこれから

利用する機会が増えるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊ってなに?民宿との違いは?

ホテルや旅館のような宿泊施設に泊まる

「民宿」に対して、

民家やマンションに泊まることを「民泊」

と言います。

 

部屋を借りたい人と、貸したい人を仲介する

Airbnb(エアビーアンドビー)が

2008年にアメリカで誕生して以来、

日本でも「民泊」が一般化してきました。

個人が空き部屋を貸すようなものから、

外国人向けに専用の不動産を利用したものまで

いろんな規模のものがあります。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

なぜ今、民泊が注目されているのか

最も大きな理由は、

年々増加を続けている訪日外国人観光客です。

日本政府は2020年の東京オリンピックの際には

訪日外国人観光客数を4,000万人まで

増加させることを目標に掲げています。

 

しかし、日本では

これだけの外国人が宿泊できる

施設数が足りていません。

なので、政府は国を挙げて

宿泊施設の確保に取り組んでおり、

その一環として民泊が期待されています。

不動産関係者の間でも、

民泊がビジネスチャンスとして

注目されています。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊のメリット1
「価格がやすく、空き率も高い」

旅行などで宿泊先を探す場合、

人気のエリアにあるホテルだと、

何か月も前から予約しなければなりませんし、

価格もそれ相応に高価なものになります。

そんな時には民泊を検討してみては

いかがでしょうか。

 

民泊は選択域が広いので

ホテルに空きがなくても、

宿泊出来る可能性が高いです。

また費用も幅広い価格帯より

自分の目的に応じた価格のものが選べます。

 

宿泊料を安く抑えたいなら

一泊1,000円程度の施設からあり、

ありがたい存在ですね。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊のメリット2
「現地に溶け込み暮らすように滞在ができる」

ホテルの個室で宿泊するのとは違って

現地の人と同じ生活環境で宿泊するので、

自分もそこに住んでいるかのように感じられます。

 

その土地の人々と同じ目線で生活や体験ができ、

現地の生活を満喫することができます。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊のメリット3
「現地の人や宿泊者同士の交流が楽しめる」

宿泊したお宅の家族と

ホームステイのように交流できたり、

同じ宿泊者同士で、旅の話に花が咲いたり、

新たな出会いがあるかもしれません。

このように人と人の交流を楽しめるのも、

民泊の醍醐味ですね。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊のメリット4
「バリエーションが豊富」

民泊は豊富なバリエーションから

希望のスタイルを選ぶことができます。

 

一般家庭で家族との交流を楽しむもよし、

豪華にセレブ気分を味わいたければ

海外ではお城や洞窟にも宿泊でき、

非日常を楽しむこともできます。

日本では、古民家をアレンジして

外国人旅行者に日本文化を感じてもらえるような

民泊施設が増加中です。

 

スポンサーリンク

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊のデメリットとは

民泊は、

一般のお宅に不特定多数の人たちが

入れ替わり立ち代わり出入りします。

なので、

近所の人たちが治安面で不安を感じたり、

ゴミ騒音問題などが指摘されています。

 

これらの問題解決に向けては

環境整備ルールづくりが急がれますね。

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

民泊を利用するときの注意点は?

知らない人のお宅に泊まるのって

危なくないの?って思いますよね。

 

2018年6月に、

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、

それにより

ホスト(提供する側)の情報登録の義務化や、

ルールや罰則を設けるなど、

民泊制度が整備されました。

 

また民泊は、

仲介サイトを介して利用するのが

一般的ですが、

サイトではホスト側の基準を設けたり

口コミランキングを提供して

安心安全の確保に努めています。

 

民泊を予約する際に、不安や疑問があれば、

直接仲介サイトに問い合わせ

解決してから予約するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

民泊ってなに? 民泊の4つメリットとデメリット、利用時の注意点とは

まとめ

いろんな可能性を秘めた宿泊の新しい形

「民泊」はいかがでしたか?

 

リーズナブルというだけでなく、

自分だけの旅をカスタマイズして

現地を身近に感じ、交流を楽しみ、

その土地の暮らしを満喫してみてください。

 

きっとステキな体験が待ってますよ。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です