なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

痩せすぎるとお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への4つの改善法

2018年11月19日 [ お尻 痛い 痩せすぎ ]
Pocket
LINEで送る

小さなお尻に憧れて、やっとダイエット成功!

ところが喜びもつかの間、

お尻のお肉がなくなると

寝ても座ってもお尻が痛い、

新たな悩みが発生してしまったあなた。

 

痩せすぎの人にとって

お尻の痛みは深刻です。

イスに座ると尾てい骨が当たって痛い、

寝る時もお尻が当たらないよう、

体勢を保たなければならない。

なかなか周りにも

理解してもらえない悩みでしょう。

 

そんな痛いお尻から脱却し、

すこやかお尻を獲得する方法について

ご紹介します。

さあ、ふっくらお尻を手に入れて

痛みから解放されましょう。

 

即、できる対策として、

こちらの記事もきっとお役に立ちますよ。

痩せすぎでお尻が痛い!即ほしい痛み解消グッズベスト5と痛み対策法

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

なぜ痩せすぎるとお尻が痛いの?

痩せすぎると、

お尻の脂肪が少なくなるだけなく

お尻の筋肉も減るため、

寝ても座っても、

イスや床など硬い部分に

尾てい骨が直接あたって

痛みを感じます。

 

仕事や勉強で椅子に座りっぱなしの生活を

余儀なくされる方にとっては、

痛みをがまんしながらの作業はつらく、

集中力にも影響しますよね。

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

痩せすぎでお尻が痛くなってしまう原因は?

ダイエット老化により

お尻の肉が減ってしまうと

痛みを和らげる

クッションが少なくなってしまい、

座った時に尾てい骨が当たって

お尻に痛みを感じてしまいます。

 

また長時間座ったままの状態でいると、

骨や神経が圧迫され、

血流の流れが悪くなって炎症を起こし、

お尻に痛みを感じます。

 

しかし痛みの原因はそれだけではありません。

イスに座るときに感じるお尻の痛みは、

座るときの姿勢によることがあります。

イスに座るときの正しい姿勢とは、

座面に背中が垂直な状態です。

そうすると

座骨により体重が支えられますので、

お尻が痛いとは感じません。

 

しかし、背もたれに寄り掛かったり、

猫背になっていたりすると、

尾てい骨が直接座面に当たってしまうため、

お尻に痛みを感じてしまいます。

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

ふっくらお尻への間違った対策法

お尻の痛みをなくすには、

たくさん食べてお

尻に脂肪をつければいいでしょ、

と思いがちですが、それは間違いです。

食事によりお尻に脂肪をつけようとしても

他の部分にまで脂肪がついてしまいますし、

健康的は方法とはいえません。

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

痛いお尻からの脱却法

痩せすぎで痛いお尻を改善し、

健康的にお尻にお肉を付ける3つの方法を

ご紹介します。

 

1.歩き方を改善する

2.骨盤のゆがみを治す

3.お尻の筋肉を鍛える

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

1.歩き方を改善する

日常生活で歩く際に、

〝背筋と膝をピンと伸ばし、かかとから着地する”

ことを意識して歩きましょう。

そうすると、

お尻やお腹の筋肉をしっかり動かせるので

筋肉が鍛えられます。

また、歩く姿勢が美しくなり

一石二鳥の効果がありますね。

日常生活にウォーキングを取り入れると

いいでしょう。

お尻の筋肉を鍛える効果がある

スポーツシューズとしては、

Reebok(リーボック)ブランドのスポーツシューズ

EASYTONE(イージートーン) 」

シリーズがオススメです。

ヒップアップのために筋肉を鍛える事ができます。

機能性とファッション性を兼ね備えた

こんなグッズなら

毎日楽しく運動を続けられそうですね。

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

2.骨盤のゆがみを治す

骨盤のゆがみを治すことで、

お尻周りにバランスよく筋肉がつきやすい

体になります。

そこで骨盤のゆがみを治す方法をご紹介します。

 

硬めのマットを敷き、

その上で仰向けになります。

両膝をピッタリとつけて、90°に曲げ、

ゆっくりと呼吸しながらリラックスします。

背中や腕はマットにピッタリくっつけたまま、

両足を左右に倒します。

徐々に大きく倒していきましょう。

これを起床時や、入浴後、就寝前などに

一日5分、毎日続けてやってみましょう。

徐々に骨盤のゆがみを治していきましょう。

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

3.お尻の筋肉を鍛える

お尻の痛みを緩和するためには、

お尻まわりの筋肉を鍛え、

弾力のあるお尻を作りましょう。

 

お尻周りの筋肉といえば、

ハムストリングス」と「大殿筋」です。

「ハムストリングス」とは、

太ももの後ろの筋肉です。

 

この筋肉は、

膝の後ろから座骨までつながっています。

「大殿筋」は、お尻を形作っている

大きな筋肉です。


出典 http://amino.ajinomoto.co.jp/

 

階段や坂道を上ったり、大股で歩くことで、

この2つの筋肉を鍛えることができ

お尻に厚みをつけ、

弾力を増すことができます。

まずは「スクワット」や「ヒップリフト」など

自宅でも簡単にできる筋トレで

筋力アップにトライしてみましょう。

 

そしてもうひとつ、

お尻の痛みに関係する筋肉として

梨状筋」があります。

「梨状筋」は、

坐骨神経のすぐ近くにある筋肉で

長時間、座りっぱなしなどの際に、

炎症を起こし、それがお尻の痛みになります。

この筋肉は、

座りっぱなしを避け、軽い運動やストレッチで

筋肉をほぐしてあげることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

痩せすぎでお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への3つの改善法

まとめ

痛いお尻を改善するには、

お尻周りの筋肉を鍛えて、

弾力と厚みのあるお尻をつくることが

大切なんですね。

 

スポーツジムに通ったりしなくても、

お尻の筋肉を意識して日常生活を送ることで

お尻の痛みは改善出来きますね。

 

痛くないお尻を目指して、

一歩ずつ、進んでいきましょう。

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です