なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

2018年10月09日 [ あるある 博多 福岡 ]
Pocket
LINEで送る

福岡は、

世界遺産や由緒ある観光地も多く、

若者文化の魅力もたっぷり。

 

福岡空港からは、

天神や博多駅といった人気スポットまで

地下鉄10分ほどで行けちゃうという

アクセスの良さもあって

ここ数年

海外からの注目度も益々アップしています。

 

また、外国人留学生の増加もけたたましく、

国際色豊かすぎる福岡。

 

そのうえ福岡は

住みたい都市ランキングの上位は常連で

福岡に移住してくる芸能人も増加中。

生活環境も人に優しい福岡なのです。

 

そこで、“博多っ”の頃から

永年にわたり福岡に住んでいる筆者が

暮らしにうれしいよかとこ福岡の

“福岡あるある”を主婦目線でご紹介しまーす。

 

福岡で生活する留学生も必見だよ!

スポンサーリンク

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

庶民の味方“安売王ルミエール”

出典 https://page.line.me/lumi_kasuga

 

ルミエールは

品数豊富でとにかく安い地元のスーパーです。

決して安かろう悪かろうではありません。

 

留学生にも大人気です。

 

特に春日店は、

売り上げNo.1だけあって活気があり、

遠方からのお客さんも多いですね。

 

名物店長さんも自らシャカシャカ動かれて、

いち買い物客の目から見ても

好感度高いです。

 

“社員の夢を大切にする”

という社長さんのモットーが

活きてる地元企業です。

 

残念ながら、その店長さんは、

他の店舗に転勤されましたが、

今後も変わらない

ルミエールであってほしいものです。

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

“ラーメン”より“うどん”

福岡といえば豚骨ラーメン、とよく言われますが、

実は“うどん派”が

けっこう市民権もってますね。

かく言う私もそのひとり。

 

有名処では、櫛田神社そばの「かろのうろん」。

やっぱ、ごぼ天うろんかな。

 

食べても食べても減らないうどん、といえば

牧のうどん」。

麺がスープを吸って、どんどんふやけていくので

減らない、というより、逆に増えていきます。

 

なので、テーブルには

スープが入ったヤカンが置いてあって

各自そのスープを足し足し、食します。

 

個人的には、完食は厳しいです。

 

最近はもっぱら「資さんうどん」です。

これ“すけさん”って読めますか?

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

ファミレス“ジョイフル”はお年寄りの心のより所

福岡県内に多数店舗展開している

ファミリーレストランのジョイフル

良し悪しは別として、とっても庶民的。

全国展開のG店やR店と違い、

ファミレスというより、大衆食堂的存在

馴染みのおじいちゃんと

ウェイトレスのおばちゃんが

ひとしきり世間話をする場面を

しばしば目にします。

たまにはタメ口もアリ。

 

一人暮らしのお年寄りなんかは

きっとおしゃべりの方が楽しみで

来ているのでしょう。

お客さんの少ない時間帯で、

他のお客さんに迷惑でなければ

これはこれでアリ、ですね。

スポンサーリンク

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

JR博多駅のチラシコーナーは芸術的印刷物がいっぱい

JR博多駅は、

福岡空港へ、天神へ、九州各地へと訪れる人々の

観光の拠点となっています。

JR博多駅

 

駅構内は、

グルメやブランドショップをお目当てに

集まって友達を待つ人や、

各地訪れようと電車を待つ人で、

いつも賑わっています。

 

そんな、待ち時間に使えるスポットがココ!

JR博多駅のコンコース中央、

博多駅総合案内所の裏側にある販促物コーナー。

 

九州一円の観光地や

博多催事の様々な案内チラシが見わたせる

オープンスペースです。

もちろん自由に見る事も、

持ち帰ることもできます。

 

情緒あふれる古民家の写真や、

昔懐かしタッチの歴史案内、POPな最新情報など、

まるで本屋のような品揃えで

見てると時間を忘れそうです。

 

情報収集だけに使うのはもったいない、

しっかりとした紙質の冊子風のものもあり、

美しい写真や、斬新なデザインの印刷物は

旅のお土産としても喜ばれそうですよ。

 

もしイスあれば、

じっくり数時間は見入ってしまいそうですが、

いつかれても案内所が困るやろうから、

それはないかな、残念!

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

隠れたナイススポット“博多ポートタワー”

誰もが知っている

福岡のランドマークといえば、

ももち浜の「福岡タワー」。

ソフトバンクホークスのホームグランド

である「福岡ドーム」のすぐそばにあり、

人気の観光スポットになっています。

 

しかし、隠れスポットともいえる

もう一つのタワー、それが

ベイサイドプレイス博多埠頭にある

博多ポートタワー」です。

出典 
http://port-of-hakata.city.fukuoka.lg.jp

 

昭和レトロなたたずまいで、

地上70mの展望台は

福岡タワーより50mほど低いのですが、

それが程よい高さ、とでも言いましょうか。

 

エレベーターの先の展望台からは

流線型を描く都市高速を間近で見ながら

博多湾を出入りする大型フェリーや貨物船を

近くから見下ろすことができ、

ももち浜や志賀島、天神のビル街まで

360度のパノラマをゆったりと楽しめます。

 

それがなんと、なんとタダなのです!

入場無料で

こんなステキな空間が楽しめるなんて

福岡ならでは、ですよね。

 

スポンサーリンク

 

博多っ子イチ押しの“福岡あるある”。暮らしにうれしい福岡よかとこ5選

まとめ

いかがでしたか?

福岡は

魅力的な観光地やお店がいっぱいですが、

地元庶民にとってもうれしいスポットが

たくさんありますね。

 

福岡が住みたい都市の上位なのも納得。

 

福岡っていいとこでしょ。

「一度遊びに来ちゃってん。」

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です