なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

2018年11月21日 [ コントロール 寄生虫 ]
Pocket
LINEで送る

寄生虫と言えば、

子どもの頃のギョウチュウ検査を思い出します。

ペタペタしたセロファンみたいのを

お尻にくっつけて、

ギョウチュウの卵がないか、調べるアレです。

今もやってるのかなあ?

 

海の近くに住んでいた、母の時代は、

なんと!

貝にうんこを入れて提出していたらしい。

ん~、なんとも長閑な昭和初期の話です。

 

平成も終わりを迎えようとしている現代で、

未だにギョウチュウなんているのかな、

と思っていたところ、

日常的に身近に生息する

「トキソプラズマ」という寄生虫の存在を知り、

その恐るべき謎に迫ってみました。

 

スポンサーリンク

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

寄生虫トキソプラズマとは

トキソプラズマとは

ほとんどの哺乳類と鳥類に寄生する原虫です。

寄生した体内のどこにもいますが、

特に好むのはです。

 

いろんな動物に寄生するトキソプラズマですが、

猫の腸でのみ生殖が可能なので、

子孫を残す為に、ネコの体内に入ることが

トキソプラズマの最終目的となります。

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

ネズミの脳をコントロールするトキソプラズマ

トキソプラズマは、

ネズミを使ってネコからネコへと

新たな宿主を求めて乗り移っていきます。

いったいどうやって移動するのでしょうか?

 

恐るべし、トキソプラズマ!

トキソプラズマは、

媒介としてネズミを利用するのですが、

そのネズミがネコに食べられやすいように

ネズミの脳をコントロールするのです。

 

トキソプラズマに寄生されたネズミは、

反応時間が遅くなる、無気力になる、

危険を恐れなくなる、などの

ネコに食べられやすくなる行動をするように

操られてしまうのです。

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

人にも寄生するトキソプラズマ

トキソプラズマに感染したネコのウンチには

その卵が含まれています。

飼い猫のトイレ掃除をする時や、

ノラ猫がウンチする砂場花壇などの土から

そのが人の手に付き、口に入ると

人に感染します。

また、レアステーキや生ハムなどの

加熱が不十分な肉からも感染します。

通常の人ですと、リンパ節が腫れたり、

風邪のような症状くらいで

気づかないこともある程です。

 

しかし、高齢者や幼児、免疫の弱っている人は、

重症化することもあります。

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

人間の脳をコントロールするトキソプラズマ

実は、

トキソプラズマに寄生されたネズミと同じ症状

感染した人間にも確認されたのです。

チェコの進化生物学者

ヤロスラフ・フレグル氏の研究によると、

トキソプラズマは

本来、侵入者を攻撃する細胞である白血球に乗って

寄生した体内を動き回り、

また、恐怖感や不安感を鈍らせる

神経伝達物質を作らせているというのです。

 

その結果、感染した人は

交通事故に遭う確率が2倍以上高まったり、

統合失調症を発症しやすくなる、

自殺率の上昇がみられる、など

報告されています。

 

そのほか、感染すると男児が生まれやすい。

男性はリスクを恐れない、集中力散漫、反社会的、

独断的、嫉妬深い、女性に好かれなくなる。

女性は社交的、ふしだら、

男性にもてるようになる。

など、性格にも影響を及ぼすと言われています。

 

スポンサーリンク

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

妊婦さん、ご注意ください!

妊娠中の女性が、

トキソプラズマに初めて感染すると、

流産したり、脳や目に障害のある赤ちゃんが

生まれる可能性があります。


https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog

 

知らなかったでは済まされない!

後悔しないためにも、

妊娠中は、加熱が不十分な肉を食べたり、

素手でのガーデニングなどの土いじりは

しないでください。

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

飼い猫は隔離しなくても大丈夫

トキソプラズマがネコに寄生するからと言って

ペットの猫を遠ざける必要はありません。

家で飼っている猫で、生肉を食べなければ、

トキソプラズマがいる心配はありません。

糞を触っても、きちんと手洗いすれば、

問題はありません。

それよりも

羊・豚・鹿などの生肉を食べることで

感染する可能性の方が高いといえます。

 

肉は十分加熱すれば

トキソプラズマは死んでしまうので、

通常の加熱調理をしていれば、

心配はないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ネコの寄生虫が人間の脳までもコントロールする トキソプラズマの恐怖

まとめ

いかがでしたか。

トキソプラズマって動物だけに留まらず、

人間の脳さえもコントロールする

恐ろしい寄生虫なんですね。

でもそれが、彼らにとっては

子孫を残すための手段、

みんなあの手この手で種の存続を

守っているのですね。

 

私たちも感染から身を守るべく、

しっかり手洗いし

肉は十分加熱して食すことが大切なんですね。

 

 

寄生中のお話、こちらも興味深いですよ。

虫の脳を操り水中へ引き込む寄生虫、ハリガネムシはなぜ存在するのか

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です