なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

2018年10月13日 [ あるある 博多 福岡 ]
Pocket
LINEで送る

福岡といえば、

豚骨ラーメン、中洲の屋台、辛子明太子、

と、うまかもん(美味しい物)がいっぱい。

 

これらの福岡名物は、

毎年様々な新製品が出ては消え、

その中で

平成の時代まで生き残ってきた

福岡名物界の先鋭たちです。

 

その中でも、庶民に寄り添った

福岡うまかもんの“あるある”を

ひと昔前の“博多っ子”が勝手に選んで

ご紹介しまーす。

 

スポンサーリンク

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

ラーメンは“屋台”より“うまかっちゃん”

福岡の天神や中洲には

ラーメン屋台が軒を並べ、

名だたるラーメンの名店もたくさんあります。

 

県外から見えた方や外国人観光客にとっては

お目当てのひとつですが、

福岡県民が食べるラーメンの数からいえば、

圧倒的に「うまかっちゃん」でしょ。

出典 https://housefoods.jp

 

インスタントラーメンの逸品!

これ、カップ型って出てないんですね。

あのうまさは、

やっぱ鍋作りじゃなきゃ味わえない

ってことかな。

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

焼き鳥屋で人気なのは豚バラ+キャベツ

焼き鳥屋の人気No.1は豚バラでしょ。

 

まずは皿にキャベツのザク切が乗ってくるでしょ。

その上に、焼きあがった串ものを

次から次に乗せていくでしょ。

オクラとかチーズとかえのきとか、

いろんなベーコン巻があるでしょ。

ピーマンとか しいたけとか

野菜串もうまいよね。

 

家族みんなで行くし、

ちびっこも一緒に食べるよね。

 

これ、フツーでしょ。

他県は違うの?

逆に他県の焼き鳥屋ってどーなん?

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

不動のアイス“ブラックモンブラン”

出典 http://takeshita-seika.jp

 

子どもの頃から食べているブラックモンブラン

バニラアイスにチョコをコーティングして

クッキークランチがまぶしてあり

このつぶつぶの触感がうまいんだ。

 

発売当時としては、

けっこう画期的な商品だったんじゃないかな。

バーには当たり、はずれがあって、

当たりはただの「もう1本」じゃなくて、

図書券やクオカード、

干支とコラボ(?)したものなど

遊び心のあるくじが楽しめる。

 

でもこれ、

グリコのアイスみたいに

全国どこでもあるもんって思ってた。

 

実はブラックモンブランは

九州限定チョコアイスだったらしく、

販売会社は佐賀県小城市にある

竹下製菓株式会社です。

大人になってから、

友達がそこの工場で働いていたんで

知った事実。

 

福岡特産のいちご“あまおう”味(期間限定?)や

抹茶味もある。

 

通販でも買えるけど、

一部東京のスーパーでも売ってるらしい。

ぜひご賞味あれ。

 

スポンサーリンク

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

“銘菓ひよこ”は東京土産ではない!

出典 http://www.hiyoko.co.jp

 

東京土産っていって“ひよこ”買ってくる人、

それ、もともと福岡銘菓だから!

福岡県飯塚市の「ひよこ本舗吉野堂」が発祥よ。

 

でも吉野堂が東京進出して

「東京ひよこ」を作っちゃったから

東京銘菓って思われても仕方ないか。

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

“梅ヶ枝餅”はどこでも売ってる

福岡県太宰府市にある太宰府天満宮は

学問の神様として全国的に有名な神社で、

受験前には合格祈願をする受験生で賑わいます。

 

その参道には

20軒近い梅ヶ枝餅屋が軒を並べ、

まあ、梅ヶ枝餅街道と化していますね。

梅ヶ枝餅とは、

あんこ入りのお餅を焼いたもので、

中はふわっと表面はカリっとした触感、

中央に梅の刻印が入った人気のお土産品です。

 

どのお店で買っても同じ値段、同じ形状です。

 

もともとは、

太宰府天満宮に参拝された方向けの

お土産品でしたが、

今では、どこでも売っています

 

スーパー横の小さな販売所でも売ってるし、

駅のキオスク、名店街でも常時売ってます。

お祭りでは必ず梅ヶ枝餅の露店が出るし、

今や、太宰府天満宮のお土産感はないですね。

宮地嶽神社の松ヶ枝餅などの

ほぼ同じような商品も存在します。

 

おやつ感覚で軽く食べちゃうほど、

生活に溶け込んでいる梅ヶ枝餅は、

それだけ福岡県民に愛されている味なんですね。

 

スポンサーリンク

 

平成の“福岡うまかもんあるある”ベスト5を博多っ子がご紹介します

まとめ

いかがでしたか?

福岡にずっといると、それが当たり前すぎて

えっ、他県はそーじゃないの

って、びっくりすること、多いですね。

 

平成から なにがしかの時代に変わっても

“福岡うまかもん”は変わらずずっと

福岡県民の食文化として

みんなから愛され続けるでしょう、きっと。

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です