なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のつぶやき。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

2018年10月26日 [ 宝くじ 高額当選 ]
Pocket
LINEで送る

米国の宝くじ「メガミリオンズ」で

賞金15億3700万ドル(約1730億円)の

当たりくじが出ましたね。

当選者ってどんな気持ちなんだろう。

日本でも、宝くじが手軽にネットで

買えるようになり、桁は違いますが、

キャリーオーバーならロト7では

10億円が狙えます。

 

実際に当たっている人もいるわけですから、

億が当たっちゃう可能性も0%ではないですよね。

 

どうします?当たっちゃったら!

 

でも、喜んでばかりはいられない。

大金、といえば、大税金!

 

実は、知らないと

後々大変なことになる高額当選。

まあ、いらぬ心配、といわず、

夢を見ながら、

万が一の時、損しないための方法に

耳を傾けてみませんか。

スポンサーリンク

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

1億円あげたら半分は贈与税でなくなる

もしも、もしもですよ、

宝くじで5億円とか当たったりしたら、

どうします?

豪邸や、豪華客船で世界一周旅行、

ブランド品など、

買いたいものや、やりたいことがたくさん。

でもその前に、

お世話になった両親に恩返しがしたい、

子ども達の将来のために譲っておきたい、

と考える人も少なくないでしょう。

 

ここでひとつ

【問題】です。

宝くじで5億円が当たりました。

日頃の感謝の気持ちを込めて、

母親に1億円をプレゼントしました。

母親は無事に

1億円を手に入れることができるでしょうか?

 

【答え】

翌年、母親は大変な事態に見舞われます。

1億円をもらったお母さんは、翌年には

5,040万円の贈与税を支払わなければ

ならなくなりました。

 

たとえ、宝くじで当たったお金でも、

働いて貯めたお金と変わりなく、

お金」という個人の「財産」になるので、

財産を譲る、つまり「贈与」する事になり

贈与税」がかかるのです。

 

なので

1億円もらったつもりが、

贈与税として支払う分を差し引くと、

残りは約5,000万円になってしまいます。

 

使ってなければまだセーフですが、

知らずに使ってしまった後に

贈与税を支払う羽目にでもなれば、

大きな借金を背負う事にもなりかねません。

 

天国から地獄とは、正にこのこと!

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

共同購入でも贈与税がかかる

宝くじをまとめて買って、

当選したら当選金をみんなで分配しよう、

ということから

共同購入をする人もいるでしょう。

運よく、1億円が当選しました。

ひとまず代表者が当選金を受け取り、

後で分配することにしました。

 

ここで【問題】です。

5人で購入したので、

1億円を5人で2,000万円ずつ分けました。

5人は翌年も、お金持ちを満喫できたでしょうか?

 

【答え】

翌年、1人を除き、

4人は大変な事態に襲われます。

 

宝くじを共同購入したとしても、

代表者が当選金を受け取った時点で

1億円は代表者個人の「財産」になります。

 

その後、共同購入者でお金を分配する場合は、

代表者が財産を譲る、

つまり「贈与」した事になるので

贈与税」がかかるのです。

 

共同購入者が他人同士の場合は、

家族の場合より、多くの贈与税がかかります。

スポンサーリンク

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

なんとか贈与税を節税できないの?

宝くじでせっかく高額当選したのに、

半分以上、税金でなくなるなんて、

喜びも半分になってしまいますよね。

 

なんとかできないの?と思っているあなた、

実は、なんとかなるのです!

 

贈与税がかからないように

当選金を分配するには、

分配したいメンバー全員で

当選金を受け取りに行くのが

ベストな方法です。

それが家族の場合でも

共同購入者(他人同士)の場合でも

受け取る時点で一人一人が受け取れば、

みんなが非課税で当選金を

受け取ることができるのです。

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

忘れてはいけない証明書

大金を手に入れると、税務署がやってきます。

何も言っていなくても、税務署にはわかるのです。

そして

このお金はどうしたのか、と尋ねられた時に、

宝くじで当たったことが証明できなければ、

誰かから譲り受けたお金だと判断され、

贈与税を支払う羽目になります。

 

それこそ、大変な事態です。

そうならないために、

当選金を受け取る際には、各自が必ず、

銀行が発行してくれる「宝くじ当せん証明書」を

もらってください。

 

各自の取り分を記載してもらうことで、

どのようにしてお金を取得したのかを、

税務署に証明できるからです。

そしてそれは、大切に保管しておきましょう。

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

気になる他の税金はどうなるの?

大金の扱いに慣れていない

一般庶民にとって、万が一、

宝くじで高額当選をした場合には、

贈与税に関していかに注意が必要か

わかっていただけたと思います。

でも、税金は贈与税だけではありません。

他にも気を付けるべき税金は

あるのでしょうか?

 

結果から言いますと、

他の税金に関しては

一切気にしなくて良いのです。

 

そもそも購入者は

宝くじを購入する際に、既に、

「所得税」に当たるもの支払っているのです。

 

1枚300円の宝くじの場合は、約40%の120円を

知らず知らずのうちに

税金として納めているのです。

つまり、購入時に税金を支払っているので、

当選した時点で支払う必要はないのです。

 

また、住民税は、

所得税に対して掛かってくる税金なので、

当選金自体には所得税がかからない事から、

住民税もかかりません

ほっと胸をなでおろす気分ですね。

スポンサーリンク

 

宝くじで高額当選したら税金は?贈与税0円で近しい人と分けあえる裏技

まとめ

宝くじが当たったら、といろんな夢が膨らみます。

でも、もしも本当に高額当選したらしたで、

少しでも節税したいものですよね。

 

あなたの宝くじライフにとって、この記事が

少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。

というか、お役に立つ日がくればいいな。

 

まずは1枚、

買わなきゃ当たんない、ですね。

私も現実の夢、見たいな。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です