なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のつぶやき。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

週二の電車通勤から見える日常~通勤電車の車窓から~

2019年10月28日 [ 人間観察 車窓から 通勤電車 ]
Pocket
LINEで送る

週二で電車通勤をする生活も、

はや6年が過ぎようとしている。

 

そもそも電車通勤をする日が

くるなどとは思ってもいなかった。

わたしの中では通勤時間は

生産性のない時間、

それだけでくたびれるから。

スポンサーリンク

 

週二の電車通勤から見える日常~通勤電車の車窓から~

突然会社がつぶれて

もともと近いが一番!

がモットーの人生、

これまで学生時代より

通勤通学は一貫してチャリ通・徒歩通。

職場もチャリ通範囲を越えたことはなかった。

 

ところが突然会社がつぶれて、

年齢的にもちょっといってるし、

やばいなぁ、さーどーしよう、

と思ってたところ、

 

ご縁のある方より、紹介頂いた

2つの仕事。

ひとつは月-金でたまたま家から数分、

そして土日は電車通勤、という、

年中無休の生活が始まった。

 

借金返済と生活費必須の私にとって、

これ以上ない有難いお話。

 

というわけで、不本意ながらも

この歳で、

人生初の電車通勤が始まったのであります。

 

まあ、生活のためなんで、

大変とかめんどいとか思う余裕もなく

こなす日々の始まり。

 

週二の電車通勤から見える日常~通勤電車の車窓から~

疲れるけど新鮮

この度の初電車通勤、

長時間なら、動画を楽しんだり

スキルアップに充てたりと、

時間を有効に使おうっ!

て気にもなるんだろうけど、

 

電車内だけの時間でいえば

十数分という

なんとも中途半端な時間、

何とも知れない時間を

やり過ごしながらの通勤。

 

それでもそうこうしてるうちに

ちょっとペースも掴めてくると

周りが見えだしてきた。

 

ホームで電車を待っていると、

私の前を次から次に通っていく人々。

そのひとりひとりの顔を目で追ってしまう。

こんな顔の人がいる、

あっ、次はこんな顔、

次はこの顔、次は次は……、

てな感じで、

ホームに立っているだけで疲れてしまう。

 

初めての経験でとても疲れるのだけど、

新鮮でもあった。

 

週二の電車通勤から見える日常~通勤電車の車窓から~

小慣れてくると

博多駅辺りは

観光やお出かけの人々に紛れて、

自分も旅行でもしているかのような

楽しい錯覚をさせてくれる空間だ。

 

日を追う毎にコナレテくると、

人々をちょっと引いて

見れるようになってきた。

 

この人どんな人なんだろう、

どんな人生を送っているんだろう、

とか勝手に思い巡らすのが

楽しくなってきた。

 

電車の中って

過半数はスマホに集中してる、

残りの半数以上はほぼほぼ寝てる。

 

なので

ついついひとりの人に

じーっと見入ってしまう私に

気付く人もいない。

たまに

標的とピタッと目が合ってしまうと、

しれっと目を反らすのだけれど、

また懲りずに同じ人を確認してしまう。

 

みんな忙しく、自分の世界に入り込んでいるので

問題ない。

スポンサーリンク

 

というわけで、

しばらく通勤電車から見える景色、

ちっちゃな楽しみを綴ってみようと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です