なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のつぶやき。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

涙と共に蘇る「昭和世代」と「平成世代」の懐かしテレビ番組ベスト5

2018年09月26日 [ 平成 昭和 番組 ]
Pocket
LINEで送る

昭和から平成にかけて、

テレビ番組は生活の一部として

暮らしに溶け込んだものでした。

 

ドラマ、バラエティ、歌番組、アニメなど

人気の番組が放送された翌朝は、

学校や職場でも

その話題で持ちきりになっていましたね。

休み時間や宴会の余興では

歌手の振付をまねてみんなで踊ると

メチャ盛り上がりますね。

 

現代では、テレビを見ない家庭も増え、

いつでもどこでも好きな時に

ササッと検索してすぐ情報が取れる

ネットがそれに代わりました。

 

何があっても決まった時間に

テレビの前で時間を確保し、

CMの間に慌ててトイレに行く、

なんてテレビ時代は

懐かしいものになってしまいましたが

だからこそ、

テレビを見る間の集中力は

半端ないものがあったので

はないでしょうか。

 

それでは、

そんな懐かしいテレビ時代のテレビ番組を

ランキングと共に振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

昭和と平成のアニメ番組については

こちらの記事もどうぞ。

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

 

涙と共に蘇る「昭和世代」と「平成世代」の懐かしテレビ番組ベスト5

「昭和世代」と「平成世代」の思い出ドラマ

「昭和生まれ」と「平成生まれ」にとって

思い出に残っているドラマ ベスト5が

こちらです。

 

昭和生まれ

1位 太陽にほえろ

2位 東京ラブストーリー

3位 赤いシリーズ

4位 101回目のプロポーズ

4位 時間ですよ

 

平成生まれ

1位 花より男子

2位 ごくせん

3位 相棒

4位 野ブタ。をプロデュース

5位 やまとなでしこ

   女王の教室

「ソニー生命」による調査結果より引用

 

懐かしいですね。

昭和生まれにとっての

懐かしテレビ番組ランキング1位、

刑事モノの「太陽にほえろ」からは

たくさんの名優が輩出されました。

マカロニ刑事こと萩原健一、

ジーパン刑事こと松田優作など

実生活では変な方向に行っちゃった人や

惜しまれつつ亡くなられた名優。

 

ドラマではストーリーはもちろんのこと、

ルーキー刑事の殉職シーンが

ひとりひとり鮮明に蘇ります。

ジーパン刑事が拳銃で撃たれた時に

発した一言

「なんじゃこりゃ~」

そして徐々に息絶えていくシーン。

何度も友達とリプレイしたものです。

 

ドラマと俳優さんの実生活に

何か共通点を見てしまうのは、

多感な時期に同じ時間を過ごし

影響を受けていたからかもしれません。

 

3位の「赤いシリーズ」

山口百恵を主役にすえ、

歌手と女優の相乗効果で大ヒットした

ドラマです。

次から次にシリーズ化され、

毎回登場人物は ほぼ変わりないのに、

なぜかハマってしまう。

出生の秘密・不治の病などがテーマで

最近ブームの韓流ドラマですね。

韓流ドラマは日本ドラマを10年遅れて

追ってきている、と言われますが、

ウケるテーマ、

つまり人々が求めているものって

国を超え、時代を越えて

廻りくるものですね。

番外で「ふぞろいの林檎たち」「俺たちの旅」

日常を描きながら

ちょっと大人な世界を垣間見れる

ドラマでしたね。

 

平成生まれにとっての

懐かしテレビ番組ランキングを見てみると

1位の「花より男子」

4位の「野ブタ。をプロデュース」

いずれも、

学生時代のつかず離れずな関係、

ピュアな気持ちがテーマでした。

多感な時期の我が子たちにとっても

重なる思いがあったのでしょう。

 

番外ですが「逃げるは恥だが役に立つ」

もう既に、懐かしドラマにランクインとは

ちょっと驚きです。

 

主役の一人が

お世辞にもイケメンとはいえない

草食系男子(星野 源)。

プラス、個性派の俳優陣による

飽きさせないアレンジが

毎回楽しめたドラマでした。

 

世相をピタリと反映した構成と、

恋ダンスと呼ばれる

振付ダンスによる相乗効果で

大ヒットしましたね。

 

スポンサーリンク

 

涙と共に蘇る「昭和世代」と「平成世代」の懐かしテレビ番組ベスト5

「昭和世代」と「平成世代」の思い出バラエティ

「昭和生まれ」と「平成生まれ」にとって

思い出に残るバラエティ ベスト5が

こちらです。

 

昭和生まれ

1位 オレたちひょうきん族

2位 8時だヨ!全員集合

3位 笑っていいとも!

4位 欽ちゃんのどこまでやるの!?

5位 ゲバゲバ90分

 

平成生まれ

1位 笑っていいとも!

2位 めちゃ×2イケてるッ!

3位 アメトーーク!

4位 クイズ!ヘキサゴン

4位 トリビアの泉

「ソニー生命」による調査結果

 

昭和生まれにとっての

懐かしバラエティ番組ランキングを見てみると

1位の「オレたちひょうきん族」

2位の「8時だヨ!全員集合」

(出演:ザ・ドリフターズ)

いずれも、

計算され作りこまれたコントの連続で

多くの流行語や名物キャラクターが

生まれました。

「8時だヨ!全員集合」は基本、

公開形式の生放送でしたね。

あれだけの大掛かりな仕掛け舞台を

毎週毎週、企画、制作して、

公開番組を作り上げていたなんて、

すごい!の一言です。

 

取り直しのきかない

生放送ならではのアドリブと

失敗も即座に笑いに変える勢いって

さすが昭和です。

 

平成になってからも

時々ドリフターズによる

番組が放送されていましたが、

平成の子供たちにも

かなり受けていましたね。

時代を超えた笑いの芸術といえますね。

お笑いからは

たくさんの方が転身していかれました。

片岡鶴太郎

「オレたちひょうきん族」時代は

プリプリに太った鶴ちゃんでしたが、

ボクサーを経て、

今ではストイック芸術家です。

 

タケちゃんマンも

今や世界的映画監督の北野武です。

 

ジミー大西も本格派芸術家になりました。

 

「8時だヨ!全員集合」の

ザ・ドリフターズ

もともとプロのミュージシャンで、

ビートルズ日本公演の際は

前座を務めた程です。

 

なのでメンバーは

プロミュージシャンとしては

もちろんですが、

今は亡き、いかりや長介

名優としても活躍しました。

 

そんなこんなを思い返し、

私たちを楽しませてくれていた彼らが

新たなステージに挑戦し、開拓し、

活躍していった人生を思いやると、

人生の厚みを感じずにはいられません。

 

平成生まれにとっての

懐かしバラエティ番組ランキングを

見てみると

1位の「笑っていいとも!」

4位の「トリビアの泉」ともに

司会はタモリです。

タモリは芸歴の長い方ですから、

時代の方が

やっとフィットしたといえます。

夜番組のイメージが強かったタモリが

昼間の番組の司会を受け、結果

31年半もの長寿番組を成しえたのも

ひとつのチャレンジからだといえます。

 

スポンサーリンク

 

涙と共に蘇る「昭和世代」と「平成世代」の懐かしテレビ番組ベスト5

まとめ

昭和から平成のテレビ番組を

顧みてみると、

その層の厚さを感じます。

そして、思春期の多感な時期や、

今一度人生を考え直す時期に

重なるドラマは、

やはり人生に大きな影響を与え

いつまでも心に残るものですね。

 

平成が終わり、新しい時代になりますが、

これからも見る人の人生に寄り添い、

心に響く番組に出会いたいものですね。

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です