なになに暮らし

昭和アレコレ、生き物のフシギ、日々のギモンを綴っています。

なになに暮らし
Pocket
LINEで送る

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

2018年09月24日 [ アニメ 平成 昭和 ]
Pocket
LINEで送る

50代後半の私は、まさに昭和世代、

そして子どもらは20代の平成世代。

 

近頃の若い者は、と言われていた立場が

気づけば言う立場になっていました。

まあ、そんなこと言う間もなく

意外と娘の方がしっかりしていて

こいつの方が母親なのか?と思う事も

しばしばなのですが。

 

そんな昭和世代ど真ん中の私と

平成世代の子どもらがはまった

アニメを振り返りつつ、

「昭和生まれ」と「平成生まれ」の

懐かしアニメを比較してみました。

 

あなたもいっしょに

子どもの頃を思い返してみませんか。

 

スポンサーリンク

 

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

「昭和」と「平成」の思い出のアニメベスト10

子どもの頃の思い出は、

はまったアニメと共にある、といっても

過言ではないでしょう。

 

そこで昭和世代と平成世代の

懐かしアニメを比較した

アンケート結果を見てみましょう。

 

昭和生まれ

1位 巨人の星

2位 宇宙戦艦ヤマト

3位 魔法使いサリー

4位 鉄腕アトム

5位 アタックNo.1

6位 機動戦士ガンダム

7位 キャンディ・キャンディ

8位 あしたのジョー

9位 ドラえもん

10位 ベルサイユのばら

 

平成生まれ

1位 ONE PIECE

2位 ドラえもん

3位 ポケットモンスター

4位 美少女戦士セーラームーン

5位 名探偵コナン

6位 ドラゴンボール

7位 NARUTO -ナルト-

8位 おジャ魔女どれみ

9位 SLAM DUNK(スラムダンク)

10位 MAJOR(メジャー)

「ソニー生命」による調査結果

 

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

懐かしの「昭和アニメ」は夢と根性

ん~、初っ端から懐かしさで

涙が出そうです。

全部ぜんぶ、ぜ~んぶ見てました。

 

昭和時代のアニメは

「巨人の星」「アタックNo.1」

「あしたのジョー」

などのスポ魂ものが多かったですね。

何事も努力と根性でがんばれ!的な、

当時の子どもらへの教育指針が

込められていたのかもしれません。

 

それはそれとして、

「巨人の星」のちゃぶ台返しや

大リーグボール養成ギプスなど

今なら虐待とも捉えられそうな激しい描写も

子ども達を夢中にさせた

要因のひとつでしょう。

 

昭和のアニメといえば

ベスト10には入っていないものの、

「リボンの騎士」「ジャングル大帝」など

手塚治虫作品が多かったですね。

アニメ本来の、夢見る世界が繰り広げられ

子どもたちを虜にしました。

また、いずれのベスト10内にも

「ドラえもん」が入っています。

私も子供と一緒に見に行った

映画のひとつです。

大人が見ても

夢と勇気を与えてくれるストーリーは

世代を超えた魅力がありました。

 

ベスト10には入っていませんが、

「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」

人気のロングランアニメですね。

いまだ現在進行形ですので、

“思い出の”ではないのでしょうか。

 

そして昭和アニメで外せないのが

「日本むかし話」

日本各地で言い伝えられてきたお話が

毎回、違ったタッチの画風で描かれていて

その素朴なイラストがステキで、

毎回楽しみにしていました。

 

洋モノアニメでは、

日曜夜の「カルピスお子様劇場」

(たぶん)。

「フランダースの犬」や

「トムソーヤの冒険」など

世界の名作シリーズがアニメで楽しめる、

素晴らしい番組だったと記憶しています。

 

夕方7時のニュース前に放送されていた

「トムとジェリー」

ストーリーと共に流れる

クラッシック音楽と動きの細やかさに

芸術性すら感じるものでした。

オリジナリティな視点からの

ストーリー展開もすばらしく、

暗記するほど見つくしても、

見るたびに笑ったりドキドキしたりする

魅力的なアニメでした。

 

よく学校帰りに

クラスの半数ほどが友人宅に集まって

みんなで「トムとジェリー」を見てたなぁ、

翌朝はまたその話題で一盛り上がり。

なんとも昭和な学生時代でした。

 

本当にしっかりと作りこまれ、

個性的で芸術性豊かなアニメというジャンルが

確立されていった時代、

昭和ってそういう時代だったのでは

ないでしょうか。

 

個人的には、

「デビルマン」「閻魔くん」

初代「ルパン三世」

好きでした♥ うぅっ…(涙)

 

スポンサーリンク

 

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

思い出の「平成アニメ」は仲間との絆

平成のアニメは

子どもと一緒に見ていたので、

時を越えて、

再び子供時代を過ごせたように思えます。

 

平成生まれにとって

懐かしのアニメベスト1の「ONE PIECE」

 

同じ船モノだからなのか、

平成版「宇宙戦艦ヤマト」感がある

と思うのは私だけでしょうか?

 

タッチは違えど、

使命感や友情、人と人との絆

テーマのアニメといえますね。

 

「ポケットモンスター」は現在

ポケモンGOという体感型ゲームという形で

家族共通の話題にもなっています。

今でも親子で

モンスター集めをしている姿を

けっこう見かけますね。

 

「美少女戦士セーラームーン」

決め台詞、

「月に代わって~、おっしおきよ!」は

あまりそれ系ではない娘でさえ

なりきってやってました。

アニメ特有の、

非日常的な独特の魅力があったのでしょう。

 

そして、映画版アニメには

宮崎駿監督ジブリブームの到来です。

こちらは「懐かしの映画」でまた

お話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

懐かし「昭和アニメ」と親子で懐かし「平成アニメ」思い出アニメベスト10

まとめ

誰もが子ども時代を共に過ごしたアニメには

それぞれの思い入れがあると思います。

 

「漫画ばっか見て!」といわれながらも、

テレビの前に陣取って

見ずにはいられない夢と魅力が

アニメにはいっぱい詰まっていましたね。

 

同じ世代どうし、

また子どもと共通の思い出があるって

幸せですよね。

 

平成の次世代の子ども達にとっては、

それが、

アニメではなくなっていく気がして、

若干さみしいです。

 

それでも

「ドラえもん」や「サザエさん」、

「ちびまる子ちゃん」には

まだまだ頑張ってほしいものです。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です